マグニトゴルスク市。ロシアの鉄鋼業の中心

マグニトゴルスクは大まかに訳すと、磁石山岳市となる。地質学的な異常で、ほぼ純粋な鉄でできたマグニトナヤ山にちなんで命名された。市は1743年に設立されたが、およそ1929年までほとんど無名だった。マグニトゴルスクの急速な発展は、1930年代のヨゼフ・スターリンの工業化戦略の最前線に立っていた。ソ連軍に多くの鋼を供給したため、市は第二次世界大戦中、重要な役割を果たした 

ペレストロイカの間、閉鎖都市の状態を解除され、外国人は再び街を訪問することができた。MMKと略さマグニトゴルスク製鉄は、ロシアで三番目に大きい鉄鋼会社である。MMKは鉄道の再建を支援し、新空港を建設した。しかし、工場のため、マグニトゴルスクは世界最悪の汚染都市の一つである 。MMKはまた、新設されたコンチネンタル・ホッケーリーグの主要スポンサーの一つであることで知られている。メタルーグマグニトゴルスクはKHLでプレーするマグニトゴルスクを本拠地とするアイスホッケーチームである。エフゲニー・マルキンとニコライ・クレミンは二人ともこのチームでプレーし、マグニトゴルスク出身である。今回メタルーグマグニトゴルスクは、有名な他のKHLチーム、アヴァンガルド・オムスクと対決している。ホームアリーナのサポーターの支援にもかかわらず、メタルーグマグニトゴルスクは1:2で負けた