火星の水分を露製装置が確認

写真提供:NASA

写真提供:NASA

火星探査車「キュリオシティー」(Curiosity)に搭載されている、ロシア科学アカデミー宇宙科学研究所で開発された「DAN(中性子ダイナミック反射率装置)」は、火星の着地地点周辺の土壌に含まれる水と含水鉱物の量を測定した。複数の地点で、乾燥土壌の浅層下の含水率が4%以上であることを、ロシア科学アカデミー宇宙研究所の広報部が伝えた。

「最初の100日間で得られたDANの調査結果は、火星探査車が現在、かつてクレーターのゲールの底に広大に広がっていた水域に注ぐ、古代の小川の河床跡に位置しているとするNASAの研究者の報告を、完全に裏付ける」。

「キュリオシティー」の外国製装置

キュリオシティーに搭載されている10機の装置のうち、2機が外国製で、そのうちのひとつがロシアのDAN、もうひとつがスペインのREMS(ローヴァー環境監視ステーション)である。

宇宙研究所の研究者によると、現在までにDANは58回の中性子測定を実行し、キュリオシティーの進路に沿った25ヶ所の異なる領域の土壌で、含水率を得たという。

この測定と数値シミュレーションにより、厚さ20~30センチの土壌の浅層表面下では、含水率が1重量%未満(測定された水素がすべて水分子内にある場合、水分量は土壌重量の1%)と、わずかであることがわかった。

「この乾燥土壌層下には、より高い含水率の土壌があり、進路沿いでその数値は大きく変わるものの、いくつかの場所で4重量%をこえる。そのような領域のひとつとなるのが、火星探査車が土壌特性の長期研究(約1ヶ月)を行っている、ロックネスト(Rocknest)である」。