カムチャッカ プロスキイ・トルバチク火山が噴火

ロシア科学アカデミー極東支部火山地震研究所によれば、カムチャッカ半島にあるプロスキイ・トルバチク火山で噴火が始まった。

専門家のデータでは、海抜5千メールにまで火山灰が噴き上がる恐れがあり、長く立ち込めた灰や噴霧が付近を飛行する航空機に危害を及ぼす可能性がある。そのためパイロット達には、飛行ルートを変更するよう勧告が出された。

プロスキイ・トルバチク火山が、もっとも最近火山活動を活発化させたのは、1975年から76年の事で、75年の噴火までは火山の頂上には、溶岩湖が存在した。

(「ロシアの声」より転載)