ロシア国防省、未来型軍事自動車開発へ

ロシア国防省が「未来型軍事自動車」の開発に取り組む。同省自動装甲戦車課の課長を務めるアレクサンドル・シェフチェンコ少将が明らかにした。

インターファックス通信によると、新型車は弾道弾や地雷に負けない強度を持つもので、間もなく工場生産が開始される。少将は「設計、技術上のソリューションは十分な蓄積があり、これをもとにNATOに引けを取らない自動車を作ることが可能だ。」と語る。新型車の走行速度は少なくとも時速45-50キロだとみられている。ほかの詳細につ いては明らかにされていない。

ロシアでは10人以上が乗車できる装甲仕様車「カラテリ」の開発がすでに行われているほか、襲撃用の装甲特別車「アンスィリ」の開発も進んでいる。

(「ロシアの声」より転載)