ロシアのワーレンキ製造

現代化にも関わらず、フェルトブーツの製造は手作業が多い。

現代化にも関わらず、フェルトブーツの製造は手作業が多い。

Andrey Shapran/FocusPictures
アルタイ地方の村のワーレンキ製造の様子
これらの写真には、アルタイ地方の村のワーレンキ製造の様子を表している。
ロシア伝統のフェルトのブーツ、ワーレンキは冬の寒い時期に履かれる。
羊毛でできたこれらのブーツは黒から白まで、様々な天然の色をしており、固いか柔らかいかである。
ワーレンキは非常にに暖かく、乾燥した雪の中を歩くのに丁度良い。
数百年前と変わらず、手作りである。
このような靴はロシアに17世紀終わり頃に現れ、当時は流行の物で、値が張った。
製造は季節物であった。収穫の終わりの後始まり、秋と冬中、種まきと牛の放牧の始まる復活祭まで続いた。
20世紀の中盤には、フェルトのブーツの製造は栄え、数百万足のブーツが人々の足を温めた。
今では、手工芸品は廃れつつある。フェルトブーツの製造は、儲からない。
しかしながら、ロシア各地の小さい工場でフェルトブーツは作られ続け、需要はある。
アルタイのいくつかの工場は稼働し続け、職人がロシアの田舎の生活に欠かせないこの靴を作る技術を保存している。
製造技術のサイクルは、一人の職人によってまわる。
人々は過酷な労働環境の中働き、日当5$以上もらえないが、彼らにとっては、他に働き口はない。
アルタイ地方の村のワーレンキというフェルトブーツの製造現場。
ロシア伝統のフェルトのブーツ、ワーレンキ。