長い冬に似合う味

Alamy/Legion Media撮影

Alamy/Legion Media撮影

発酵キャベツ

日本ではザワークラウトという名前の方がなじみがあり、ピクルスに続くウォッカの人気の肴と言える。キャベツがロシアに登場したのは、ジャガイモよりもずっと以前の11世紀だったと考えられている。発酵キャベツは通常、晩秋に作られる。長期保存がきくため、多くのロシア人にとって冬の食べ物となっている。

作り方

1  キャベツの青い葉を取り除き、せん切りにする。ニンジンはおろし金で細かくする。

2  キャベツとニンジンに砂糖と塩を加え、汁が出るまで手でもむ。

3  汁がしっかりと出るように、2を押し固める。お皿をかぶせて、その上に重しを置く。

4  温かい場所に3をしばらく置く。表面に泡が出てきたらそれを取り除き、箸でキャベツのかたまりにいくつか穴を開ける。

5  7日後に4をビンに移し、フタをして冷蔵庫に保管する。  

材料

キャベツ 1個  

ニンジン 1本  

塩    スプーン2杯  

砂糖   30㌘