トヨタ ロシアで今年7回目のリコール

トヨタ・モーターは、ハンドル操作に問題が生じる恐れがあるため、ロシアで「カローラ」と「アベンシス」5万3445台をリコールする意向。サービスキャンペーンに申し込んだ全車両で、継ぎ手部品の点検が行われる。

トヨタ自動車のロシア販売・製造子会社がインターファクス通信に伝えたところによると、必要な場合には新たな部品と交換されるという。

特別サービスキャンペーンは、予防的措置のために実施される。現在のところ、このような欠陥が原因の事故は起こっていない。

ロシアでは2012年初めから、トヨタ自動車の特別サービスキャンペーンが7回発表された。

(「ロシアの声」より転載)