ロシアの10月革命の95周年に

「5月1日の土曜労働(ボランティア)」 1920年 //これはモールのトレードマークのスタイルとなり、今日の現代美術作家やデザイナーに影響を与えた。

「5月1日の土曜労働(ボランティア)」 1920年 //これはモールのトレードマークのスタイルとなり、今日の現代美術作家やデザイナーに影響を与えた。

Dmitri Moor
ロシアの10月革命の95周年に、ロシアNOWは、ドミトリー・モール制作のソビエト・ポスターをいくつかお見せします。モールは、このジャンルのアートの創設者のうちの一人です。
「赤軍に志願したか?」 1920年//ロシアの10月革命の95周年に、ロシアNOWは、ドミトリー・モール(1883~1946)制作のポスターをお見せします。モールは、このジャンルのアートの創設者のうちの一人です
「ソ連を攻撃、略奪しようとするカラスども」 1920年 //黒は絵の輪郭を描くためと、資本家と僧侶の衣服の色として使われた。
「気をつけろ!」  1920年 // ドミトリー·モールは1946年に亡くなったが、彼のグラフィックデザインのスタイルとテクニックは、今日も西側のアーティストやデザイナーに影響を与え続けている。
「ペトログラードは渡さない」 1919年 // ムーアの大胆なブロックスタイルは、過去と現在、敵と英雄、帝国主義と戦う労働者といったコントラストで、力強い印象を生み出す。
「ソビエトロシア、包囲されたキャンプ:全員守りにつけ!」 1919年 // この時代の最も影響力があり、知名度の高いグラフィックデザイナーのうちの一人がドミトリー・モールだ。
「秋」 1925年 //現代のアメリカ人デザイナー兼イラストレーターで作品がドミトリー·モールに非常に似ているのは、シェパード·フェアリーだ。
「我々の無敵の赤軍万歳!」 1938年 // フェアリーの作品で最も有名なのは、プロレスラーのアンドレ・ザ・ジャイアントをモチーフにしたステッカー・キャンペーン“André the Giant Has a Posse”(... OBEY ...)とバラク・オバマ米大統領をモチーフにした「HOPE」ポスターである。
「ソ連のカブ 」1920年代 //モールの寓話は、拡大され、説得力を強めた。彼は昔と今を対照させ、シンプルなスローガンを加えた:「世界の帝国主義に死を」
「世界中の労働者よ、団結せよ!」 1920年代 //トーマス·ハイネとジンプリツィシムスグループのユーゲントシュティール風刺の影響を受け、モールは線に熟達し、微妙な皮肉の感覚を見せた。
「白軍の旦那方に赤軍の贈り物」[ブレーク]。このスーツケースで旦那の頭をぶっ叩け!」
「イスラム教の同志よ!貴方は予言者の緑の旗の下、ステップを征服した・・・ 」1920年代 //このロシア人イラストレーターは正式に美術を学んだことはなく、1908年にアマチュアのイラストレーターとしてブディールニク(目覚まし時計)紙で働き始め、1917年まで定期的にイラストを提供していた。
「全ては"G"で始まる」(*ヒトラー、ヒムラー、ゲッベルス、ゲーリングは、露語ではいずれもゲー「Г」の頭文字で始まる。Гは、ラテン文字のGに転写される)  1941年 // ドミトリー・モールのデザインで最も目立つのは、政治風刺のイラストを発展させたことだ。
「1917年10月 – 1920年10月: 世界的なレッド・オクトーバー、万歳!」  1920年代 // ドミトリー・モールはベズボージュニク(不信仰)誌のチーフアーティストでもあった。