ピョートル大帝の伝説の道

ルートは多くの村の跡を通過する。村がかつて存在したところは、家があったところの塚や、果物の木の残骸や、道のかわりにあるあぜ道により見つけることができるが、場所によっては、地図を使わなければ分からないところもある。

ルートは多くの村の跡を通過する。村がかつて存在したところは、家があったところの塚や、果物の木の残骸や、道のかわりにあるあぜ道により見つけることができるが、場所によっては、地図を使わなければ分からないところもある。

Long-Way.ru
ロング・ウェイはピョートル大帝によって建てられた伝説の道沿いのオフロード冒険である。ロシア史に興味ある、アクティブで落ち着きのない人々にうってつけのアドベンチャーである。
ロング・ウェイはピョートル大帝によって建てられた伝説の道沿いのオフロード冒険である。ロシア史に興味ある、アクティブで落ち着きのない人々にうってつけのアドベンチャーである。
グジャーツク道はカルーガ州のユフノフという町(以前はスモレンスク州の一部であった)から始まり、スモレンスク州のガガーリン(旧名グジャーツク)で終わる。
ロシアのものの多くのように、この道はピョートル大帝ゆえに存在する。
1719年、ピョートル大帝は北国へのルートを短縮する為に(ヴォルガ川の支流である)グジャチ川沿いに取引埠頭の建設を命じた。そのために、この道路の建設が命じられ、当時の道路としては、かなりいいものだった。
波止場から毎日30程の船が発った。「グジャーツク船団」が事実上、新しい首都を飢餓から救った後、ピョートル大帝はグジャーツク埠頭を正式な「ペテルブルグ住民」と認定した。
女帝エカチェリーナ2世のもと、グジャーツクはは、現代的な要塞となった。
道は、以前、「カルーガ州の最高の貿易ルートの一つ」と記述された。
道に沿って村、旅館や郵便局があった。しかし、それは19世紀の半ばの話である。
1812年のロシア戦役中、パルチザン部隊はこれらの森林で戦った。
そしてここで、モスクワの防衛のために「モジャイスク・ライン」が1941年に設立された。今日も、捜索隊は新たな遺体を発見し、スモレンスクで倒れた戦士の記念碑に新たな名前を加えている。
このイベントの目的は、この伝説的な経路を踏破することであった。
道は長い間使われておらず、所々では実質的に消滅している。
道沿いの村の多くはかなり昔になくなっている。イラクサと野生のラズベリーだけが、かつての居住地に残る。
この道は、特別に用意されたオフロード車でしか通行できない。
道の周りの土地は、鉄で飽和されている。戦争のエコーは、文字通り、一歩踏み出すごとに鳴り響く。
地面には破片、弾丸や機器の部品が均等に散らばっている。
時には、人骨が溝から突出していることもある。集団墓地は、道路の側と深い森の中、そこら中にある。
所々、道の元の堤防は残り、他のところではたまに橋や浅瀬が視界に飛び込む。
所々、道は絵のように美しい草原や牧草地を通過し、他のところでは密林の暗い茂みに入り込む。
この地域にはは、おそらく、数十の記念碑があるが、無名の墓の正確な数は、森の中に隠されてある。