ハッカーら ロシア政府に対してサイバー宣戦布告

GhostShellと名乗るハッカー集団は、ロシア政府に対してサイバー宣戦を布告した。3日、サイトで公開された声明で明らかになった。

これは様々な秘密情報を公開することを目的とした「ブラックスター」プロジェクトの行動化で、政治機関や治安機関、教育機関、医療機関、さらには各企業を対象にするものだという。その証拠に、大量のデジタル文書が公開されているが、その価値はそれほど重要ではない。

これより先、GhostShellは米国、英国、日本などの有名大学数百校のサーバー侵入についての犯行声明を出していた。

(「ロシアの声」より転載)