火星の土壌はハワイのそれと酷似している

火星の土壌の鉱物組成は地球の火山地帯に特徴的な玄武岩質の土壌と驚くほど似ている。火曜、NASAの研究者らが発表した。とりわけ、こうした土壌が特徴的に見られるのはハワイ諸島である。

この結論は火星探査機「キュリオシティ」の採取した土壌サンプルの分析によって引き出された。分析には、物質の原子構造を判別するレントゲン回析法が用いられた。この分析方法が地球外で得られた土壌サンプルに適用されたケースは初めて。

なお、「キュリオシティ」は8月6日に火星に上陸。学者らはこの探査機を使って、かつて火星に微生物が存在可能な条件があったかどうか、調べる予定だ。

(「ロシアの声」より転載)