かぼちゃ入りキビのお粥

=Lori/Legion Media撮影

=Lori/Legion Media撮影

甘くて香ばしい

私の娘ベルベットはとにかく食べ物にうるさく、熱かろうと冷たかろうと、いかなる種類の穀類も一切受け付けなかった。三人の家政婦とおばあさんは万策を尽くしたが、どうにもならず、諦めていた。そんな娘が唯一例外的に食べたのが、毎年ハロウィーンのジャックランタンのカボチャを彫ったときに残った実で作ったキビとカボチャのお粥だった。アイデアとレシピは近所に住んでいる、陽気な女性がくれた。

彼女の説明によると、「昔のロシア」では、カボチャ入りのキビのお粥は、くりぬいたカボチャに入れてオーブンで焼かれ、特に秋のお祝い事で重宝されたらしい。ハロウィーンの一週間後、我々のくりぬいたジャックランタンがすでに崩れてゴミ箱行きになった頃、市場の友人は私に小さな丸ごとのカボチャを渡し、レシピを試すことを勧めた。

 出来上がったのは甘くクリーミーで、見た目も美しく大成功!ベルベットも大変気に入ってくれた。私は、様々なバージョンのカボチャとキビのお粥を試すべく、切ったカボチャを買い始めた。カボチャもキビも、良い組み合わせだと、味が特に引き立つ。ここで紹介する2つのレシピは、大変美味しく、私の食卓に座るうるさがたからも合格点をもらい、ハロウィーンの時期だけでなく年間を通して食卓に並ぶ料理だ。

甘いカボチャとキビのお粥

材料:

カボチャ 1.5カップ オーブンで焼いたものを裏ごし、もしくはさいの目切りにしたもの

キビ 1カップ

牛乳 2カップ

蜂蜜もしくは黒砂糖 1/3カップ

カッテージチーズ ¾カップ

塩 1つまみ

シナモン 小さじ1杯

オールスパイス 小さじ1杯

レーズンもしくは干しカシス 1カップ

無塩バター 大さじ3杯 小さめの角切りにする

デメララ糖(ざらめでも代用できる) 大さじ2杯

作り方:

  • オーブンを160°Cに予熱しておく。
  • キビをザルに入れ、冷たい流水に1分間さらす。水をきり、置いておき乾燥させる。
  • 乾燥したキビを底の厚いダッチオーブンに入れ、数分間、焦げ目がつき始めるまで乾煎りする。
  • カボチャを入れ、混ぜ合わせる。牛乳を入れ、ことことと煮立つまで火にかけ、蜂蜜(もしくは砂糖)、塩とスパイスを入れ、蜂蜜が溶けて混ざるまで混ぜる。
  • 蓋をし、弱火にし、キビが水分を吸収するまで15分ほど煮る。
  • カッテージチーズとレーズン(もしくはカシス)を入れて混ぜる。上にバターをまんべんなくのせ、デメララ糖(もしくはザラメ)をふりかけ、蓋をし、オーブンで15分から20分焼く。

セージとタイム入りの香ばしいカボチャとキビのお粥

材料:

カボチャ 1.5カップ オーブンで焼いたものを裏ごし、もしくはさいの目切りにしたもの

とりがラスープ 2.5カップ

バター 大さじ4杯 (大さじ2杯ずつに分けておく)

キビ 1カップ

タマネギ 1個 皮を剥いてみじん切りにする

砂糖 大さじ1杯

ナツメグ 小さじ半杯

塩 小さじ2杯

セージ (乾燥ではなく生のもの) 刻んで大さじ3杯

タイム (乾燥ではなく生のもの) 刻んで大さじ2杯

サワークリーム ¼カップ

作り方

  • オーブンを160°Cに予熱しておく。
  • キビをザルに入れ、冷たい流水に1分間さらす。水をきり、置いておき乾燥させる。
  • バターを大さじ2杯フライパンで溶かし、タマネギを炒める。2分経ち、タマネギがしんなりし始めたら、砂糖とナツメグをまぶし、黄金色で透き通ってとても柔らかくなるまで炒め続ける。火からおろし、置いておく。
  • 底の厚いダッチオーブンを中火にかけ、乾燥したキビを3分ほど、焦げ目がつき始めるまで乾煎りする。炒めたタマネギと塩とカボチャを加え、混ぜる。
  • 鶏ガラスープを少しずつ加え、常にかき混ぜ続ける。鶏ガラスープを全て加え、ことことと煮立ち始めたら、弱火にし、蓋をかぶせてキビが水分を全て吸収するまで10分から15分、煮込む。

セージとタイムとサワークリームを加え、混ぜる。お粥の上に残りのバター大さじ2杯をまんべんなくまぶし、蓋をし、オーブンで20分焼く。