プーチン大統領がベネズエラ大統領へ子犬をプレゼント

26日、プーチン大統領はベネズエラのチャベス大統領に子犬を贈った。リアノーボスチ通信が伝えた。

生後3ヶ月のブラック・ロシアン・テリアの子犬はロシア石油大手の「ロスネフチ」のイーゴリ・セチン社長によってチャベス大統領へと手渡された。セチン社長によればチャベス大統領は子犬を喜び、近いうちにも命名し公表することを約束している。セチン社長は子犬贈呈の席でラファエリ・エネルギー相とチャベス大統領との会談を行った。

ブラック・ロシアン・テリアは「スターリンの犬」の異名を持つ。50年代初頭ソ連の繁殖場「赤い星」でブリーディングされた。ジャイアント・シュナウザー、エアデール・テリア、 ロットワイラーなどの交配で誕生した軍用犬種。

(「ロシアの声」より転載)