デザートにも薬にも良し

クランベリーのモルス =PhotoXPress撮影

クランベリーのモルス =PhotoXPress撮影

クランベリーのモルス

モルス(果汁入り清涼飲料)はロシア古来の飲み物の一つ。コケモモのモルスは風邪に効き、渇きをいやし、食欲を高める。ブラックベリーのモルスは消化管の働きを正常にし、強壮および鎮静作用をそなえている。ビルベリーのモルスは目によく、子供の腹下しに効く。最もクラシックなクランベリーのモルスは解熱作用があり、活力や食欲を増進させる。

最も「ロシア的な」クランベリー

このベリーはロシアが原産で、ロシアから商人たちがヨーロッパへ伝えたと言われている。中世にはクランベリーはロシアの収入源の一つだった。クランベリーはデザートとしても薬としても用いられていた。

材料

  • クランベリー 500 グラム
  • 砂糖  1 カップ
  • 水   1.5 リットル

学者らの研究によれば、新鮮なクランベリーの実や果汁はコレステロールの代謝を正常にし、血栓ができるのを防ぐ。冬にもモルスやジャムが作れるようにクランベリーを冷凍保存することもよくある。

作り方


  • クランベリーの実をミキサーにかけるか、すりこぎですりつぶす。

    余談

    今日、映画や本などによく出てくるロシアの文化・暮らしやロシア全般についての外国人の判で押したようなイメージもクランベリー(ロシア語で 「クリュークヴァ」)と呼ばれている。

  • 水を1カップ注いで掻き混ぜ、 目の細かい篩で漉す。
  • クランベリーの果汁に砂糖を加え、残りの水を注いで沸騰させる。冷やす。

アドバイス

砂糖の代わりに蜂蜜でもよい。モルスはクランベリー、チェリー、ラズベリー、ビルベリーなどのあらゆるベリーをミックスさせたもの、さらには柑橘類からも作ることができる。