国民富裕度、日本は2位、ロシアは45位

アリアンツ・グループの調べでは昨11年、国民一人当たりの純金融資産の量が世界で最も多いのはスイスの13万8062ユーロで、世界で最も富裕な国となった。2位は日本の9万3087ユーロ、3位は米国の9万417ユーロ。

アリアンツが毎年9月に発表する世界富裕レポートでは今11年は世界50カ国以上が調査の対象となった。

   今回の報告書では07-08年の世界金融危機後の復興プロセスで伸びつつあった金融資産が11年、急にストップしたことが読み取れる。一人当たりの金融資産レベルは09年は7,8%、10年は9,7%伸びていたにもかかわらず、11年の伸びは0,6%にとどまった。

 

(「ロシアの声」より転載)