オーロラの明るい踊る光り

シベリアを含むロシアの北部の地方全てで、北極圏に近いことにより、オーロラを見ることができる。
シベリアを含むロシアの北部の地方全てで、北極圏に近いことにより、オーロラを見ることができる。オーロラの明るい踊る光りは実は太陽から来る粒子が大気圏に入る際、大気中の粒子と衝突し、起こる。オーロラは、北極と南極の上空で見える。
天気と同様、オーロラの光りを予測することは難しい。しかしオーロラが起こる一日二日前にそれなりに正確な予測をたてることは可能である。いくつかの重要な要素があり、それらが重なると、オーロラが見える条件が整う
太陽が赤道の真上にある時、オーロラは最も明るく見える。これは毎年3月20日と9月23日、もしくはその近日中に起こる。他の時にもオーロラを見ることができるが、ピークの季節はこれらの日の前後である。
2月から4月、そして8月から10月が見頃であり、条件が整えば、それらの月以外でも見ることができる。
空が最も晴れているときがオーロラを見るために最適である。新月の時、月が最も見えない時、光りが少なく、空が最も暗い。
これらの写真はすべて海洋生物学者のアレクサンドル・セミョノフにより撮影された。彼は白海生物ステーションに勤め、そこで生活している。
コラ半島はスカンジナビア北部近くにあり、丁度オーロラの圏内にあり、オーロラ観察には最適である。ムルマンスクは、オーロラを求める観光客に人気である。
しかし、オーロラを見える場所はロシアではここだけとは限らない。
ロシア西部ではオーロラが最も明るいと評判のセヴェロドゥヴィンスクは旅行客に人気だ。アルハンゲリスク近郊にあり、地方の中心都市よりも、この自然現象を研究する機会が多い。
ネネツ自治管区(行政中心地はナリヤン・マル)をオーロラ鑑賞の為、そして地元の神話や、消え去ったプストゼルスク市の伝説を聞くために訪れるのに一番いい時期は秋の始まりである。
マガダンから14.4キロ離れたところで、空の色が劇的に変わる。それ全体が芝生のように青い色に変わり、その色は雪の吹きだまりに反映される。
サレハルドは北極圏内にある世界唯一の市であり、オーロラで有名でもある。
ティクシ、ハタンガ、ディクソン、ドゥディンカ、イガルカ、ノーヴァヤ・ゼムリャとランゲル島も、ロシアでオーロラを見るのに適している。