外科医アレクサンドル・ビシネフスキーの誕生日

1874年の今日、外科医アレクサンドル・ビシネフスキーが、ダゲスタン共和国(北カフカス)のチル・ユルト村に生まれた。

ビシネフスキーは、1899年にカザン大学を終え、解剖・外科講座に勤務し、副学長を務めた。

1934年には、医師養成中央研究所の外科病院長、および全ソ連実験医学研究所長に任命。 

独ソ戦が始まると、彼の考案した鎮痛と傷の治療方法は大いに役立ち、数千人の兵士の命を救った。

ビシネフスキーは、ノボカイン(局部麻酔薬)の作用を観察した結果、それが鎮痛のみならず、消炎と傷の治癒にも効果があるとの結論を得た。

彼の考案した鎮痛の方法は、一般の外科医にも使用可能で、一般病院から農村の病院まで全国に外科医学を普及させるのに貢献した。

戦後は、ソ連医学アカデミー外科研究所長となり、1848年11月13日に死去するまでこの職にあった。