APECビジネス諮問委員会 食料安全計画を承認

アジア太平洋経済協力会議(APEC)のビジネス諮問委員会は、ロシア極東ウラジオストクの会合で、食料安全分野における2012-2014年の協力作業計画を承認した。

主な優先方針となるのは、農業分野におけるテクノロジーの普及促進、食料の輸出入インフラの発展、無防備な貧困層への食料供給の改善など。その他、税関、保健衛生、動物検疫の手続の調整などでも協力する。

2012-2014年の協力作業計画は、ウラジオストクで8日に開かれるAPEC首脳会議で検討、承認されるために提出される予定。

会合では、食料市場のボラティリティの低下を可能とするポータルサイトの製作も提案された。

(「ロシアの声」より転載)