有害情報から児童を保護する法によりラジオでも歌に警告

今週からロシアのTVでは、子供達が見るのを勧められないフィルムや番組には特別のマークがつけられる。これは、今月1日から「児童の健康や発育に害を与える原因となる情報から彼らを保護する」事に関する法律が発効したためで、ラジオでも、年齢制限が適応される情報や、時に歌に関しても、警告が流される。しかし、生中継のプログラムに関しては、この法律は適用されない。

連邦反独占庁の責任者は、次のように述べている―

「広告にも年齢制限表示がされる必要がある。今後どのように法の命ずるところが執行されるか見守るのが、我々の役目だ。

通信・情報技術・マスコミ監督庁も、制限基準に違反したものに対し、罰金を科すべきだと提案したが、我々反独占庁の提案は、検閲のかからない『悪口雑言』に関してだ。我々はすでに、議会側と、しかるべき修正を行政法違反に関する法典に盛り込む事で合意した。」

(「ロシアの声」より転載)