ロンドン・パラリンピック2日目 ロシア7個のメダル獲得

ロンドンで始まったパラリンピック2日目、ロシアは金3、銀2、銅2を獲得した。

金メダルに輝いたのは、女子走り幅跳びのマルガリータ・ゴンチャロワ選手、陸上男子200メートルで2度目の世界新記録を樹立したロマン・カプラノフ選手、円盤投げで世界記録を打ち立てたアレクセイ・アシャパトフ選手の3人。

銀メダルは、女子エアピストル射撃10メートルのマリーナ・クリメンチェンコ選手と男子水泳バタフライ100メートルのロマン・ドゥボヴォイ選手が、銅メダルは、男子柔道73キロ以下級のシャフバン・クルバノフ選手と男子パワーリフティング52キロ以下級のウラジーミル・クリヴリャ選手が、それぞれ獲得した。

現在、国別金メダル獲得数でトップに立っているのは中国で、ロシアは6位から4位に順位を上げた。

(「ロシアの声」より転載)