8月22日、サンクトペテルブルクのペトロパブロフスク要塞で「国旗」の日を祝い、祝砲が轟く

8月22日、サンクトペテルブルクのペトロパブロフスク要塞で「国旗」の日を祝い、祝砲が轟く。発射したのは、2004年アテネ五輪の自転車競技の金メダリスト、ビャチェスラフ・エキーモフさんと元クロスカントリースキー女子選手で、冬季五輪で史上最多の6個の金メダルを獲得したリュボーフィ・エゴーロワさん。ワジム・ジェルノフ/ロシア通信撮影