日本文化の日

=エレナ・ポチェトヴァ撮影

=エレナ・ポチェトヴァ撮影

数日前、国際交流基金と出版社「コンパス ギッド」の後援を得て、デザイン工房「フラコン(小瓶)」で、「日本文化の日」が開催された。このイベントは、ロシアの若者が日本の世界をより深く理解する助けになったことだろう。

「…毎年8月6日が来ると、広島の7つの川は灯篭でいっぱいになります…」 — 1年ほど前に「コンパス ギッド」社から出版された丸木俊の «ヒロシマ»は、このフレーズで終わっている。

広島と長崎では、原爆の犠牲者を悼み、灯篭を川に流す習慣が、戦後数年経った頃から根付いているが、これがロシアでも反響を呼んでいる。「日本文化の日」もその波紋のひとつだ。

華麗なコスプレ大会に100人超参加 

 この日、「フラコン」のメインステージでは、華麗なコスプレ大会が繰り広げられた。100人を超える日本のアニメのファンが参加して、衣装を競い、アニメの歌を熱唱し、日本の伝統的な踊りにトライした。

参加者の熱演のおかげで、「フラコン」は、ひとつにまとまった、華麗な音響空間と化し、みんなが踊り、思い切りエンジョイし、プログラムの合間には日本料理を堪能した。

多彩なイベント 

さらに、このイベントの一環として、日本の有名な写真家三好和義さんの連作「日本の世界遺産」(1998年。藤本四八写真文化賞受賞)の展覧会や、映画上映会も行われた。中江功監督の『ロック 〜わんこの島〜』(2011年)、小林政弘監督「春との旅」(2010年)、小林正樹監督のドキュメンタリー映画「がんばっぺ フラガール! フクシマに生きる。彼女たちのいま」(2011年)などが感動を呼んだ。

 8月11日の「日本文化の日」は、国際交流基金と「コンパス ギッド」社 の専門家が、ワークショップで、折り紙、書道、そして、あの灯篭の作り方などを教えた。