なるか五輪2連覇

子供の頃、エフゲニア・カナエワは、ダイアナ妃の微笑みが大好きで、ポスターやシールを集めていた。今ではカナエワ自身が美しく人気のある成功者として憧れの的となっている。少女たちは観客席から身を乗り出し「ジェーニャ(エフゲニアの愛称)! ジェーニャ!」と連呼し、サインを求めている。

年、カナエワは、新体操歴10年の節目を迎える。成功への道程は、その演技と同様、まっしぐらで輝かしかった。 

ジェーニャはスポーツ一家に育ち、父親はグレコローマン・レスリングの審判親のスラーナ・カナエワは、背中をケガ18歳でキャリアを終えた新体操のスポーツマスターだがの彼女をオムスクの新体操スクールへ入れたのは親ではなく、ただ体操が好きな祖母だった。

ジェーニャ忍耐強さは底なしだった。練習場で独り難しいエレメントを何度も繰りかえし、猛練習の締めくくりには感情を込めてもう一度最初からログラムのおさらいをした。
運もった。オムスクで、ジェーニャはにアテネオリンピックの銀メダリストとなるイリーナ・チャシナとともに彼女のコーチであるラ・シテリバウムスの指導のもとで練習に励ん
コーチは、自分の教え子についてこう語る。「ェーニャにはアリーナ・カバエワの身体的資質とチャシナの粘り強さや志の高さがありますーチとして私が言えるのは才能がすべてではないということ。練習熱心なところがジェーニャの身上です」。

に股だった!

カナエワ選手は人の言によると、子供の頃は「ぽってりしていて、がに股だった」。そこで、孫娘可愛いさに祖母さんが体操のクラブに連れて行った新体操をやれば、リムになり、がに股も直るだろうと考えた第。
カナエワ選手
あの頃は標なんて立てませんでした。だ可愛くなりたい、ということでしたね」と振り返っている

カナエワが初めて国際大会のジュニアの部で優勝したのが203年にガスプロムを代表して出場した日本での世界クラブ選手権イオンカップだったの頃に新体操のロシアナショナルチームのイリーナ・ル監督が彼女に注目し、バエワが君臨していたチームの拠点であるトレーニングセンター『ノルスク』で練習するよう声を掛けたのだ

ロシアチームはが厚いので、カナエワが成人の部でデビューしたのは後のバクーでの欧州選手権った。

カバエワが大ケガために急きょ権し、ジェーニャが場することになった。ル監督は、若き新体操選手のリボンの演技に期待をかけた。決勝でナエワは、キャリアの豊富なライバルたちを抑えメダルを獲得した。

カナエワは五輪はロシアチームのリーダーとして出場し、差をつけて個人総合で金メダルに輝いた。
リンピックの後女は々しい活躍を見せた。での世界選手権ではの金メダルを獲得し、1992にロシアのオクサナ・コスチナが樹立した金メダル5個の記録塗り替え
ェーニャは五輪予選で、私は手具を落としてしまいました、首位で決勝へ進めました。きっと一番大事な日にミスを犯さないために、試練を通してより強くなれというサインなのです」
ンドン五輪ナエワは上初の新体操個人総合覇を達成し、歴史を書き換えるかもしれない。


エフゲニア・カナエワ選手の成績

北京オリンピック2008年個人総合1位(金メダル)
三重世界新体操選手権2009年個人総合1位(金メダル6)
モスクワ世界新体操選手権2010年個人総合1位
(金メダル4、
銀メダル1)
モンペリエ世界新体操選手権2011年個人総合1位
(金メダル6)