ブレイド・ヘアがモスクワでトレンド

=Lori/Legion Media撮影

=Lori/Legion Media撮影

モスクワでこの夏一番の流行は、ブレイド・へア(三つ編みを主とした編むヘア・スタイル)だ。髪がセミロング以上の女性はみんなブレイドにしていると思えるほどで、美容業界も歓迎している。

女性の美のシンボル

古代ロシアでは、三つ編みが若き未婚女性のシンボルとなっていた。襟足部分から編む三つ編みを、リボンや組み紐などで飾り、夏は生花をつけて季節感を満喫した。既婚女性は被り物などで毛髪を隠すのが習慣だった。今でもロシア人は、豊かな美しい三つ編みを見ると、ため息をもらす。

しかし、最近、伝統的なシンプルな三つ編みに代わり、美容師が「アウター」や「グリーク」(ギリシャ)と呼ぶ、頭部の周囲にブレイドをつくるスタイルが主流になってきた。でも、編むのが難しくない?

ネットで色んなブレイドを研究 

美しいブロンド・ヘアのイリーナさんはこう言う。

「見た目ほど難しくはありません。ネットの動画でアレンジの仕方を見て、きれいなヘア・スタイルにしたいなと思ったときに、ブレイドをつくるようにしているんです」。

ロシアのネットでは、ブレイド、フレンチ・ブレイド、グリーク・ブレイド、「フィッシュ・テール」などのハウツー動画が、おびただしく紹介されている。そのうちの多くが英語で、字幕すらついていない。美への執念は言語の壁を突破するというべきか。

グリーク・ブレイドに、マキシ・スカートとサンダルを組み合わせるという、古代ギリシャの女神スタイルが、おしゃれに敏感なモスクワっ子に大人気だ。

美容業界も潤う 

ブレイドは単なる流行にとどまらず、しっかりと商売にもなっている。美容学校で学んでいるオリガさんはこう説明する。

「今は、ほぼどこの美容院でもブレイドに対応していますが、ショッピング・センターのスタジオの方が価格が安いので、そちらに行く人が多いです。美容院だとブレイドが普通のスタイリングのメニューになるので、2000ルーブル(約5000円)はかかってしまいますが、ショッピング・センターなら300ルーブルから600ルーブル(約700円から1500円)ですみます」。

数脚のイスが置かれ、スタイリストが待機している小さなエクスプレス・スタジオは、ここ数年でどこの大型ショッピング・センターでも見られるようになってきた。

スタジオ「ベール」のエフゲニヤさんによると、「開業して1年になりますが、女児からお年を召したご婦人まで、幅広い年齢層の方が来られます」。

エフゲニヤさんは10分以内でスタイルを完成できるそうだが、自身のヘア・スタイルは、サイド・ブレイドにピンクの花をアクセサリーとして添えている。一日で何人の利用客があるかという質問には言葉をにごしたが、この会社のホームページには、各スタジオで一日80人から150人ほどの来客があると記されている。

流行をにらみ転職も 

ブレイドは堅い職業の人までこの業界に呼びこんでいる。モスクワのジャーナリストであるアンナさんは言う。

「経済学者の私の友人は、35歳で退職してブレイドを編む仕事に就いたんですが、生活ぶりから想像するに、前より収入が増えているようです。先日、その友人も交えて大きなグループで旅行に行ったのですが、みんなの子供や女性群にリクエストされ、始終ブレイドを編む羽目になってしまいました。それだけが新しい仕事の唯一の欠点ですね」。