ロシアの夏のイベント

ヨーロッパでおなじみの夏のイベント巡りは、ロシアでも容易にできる。ロシアにこういう習慣が根付いたのは比較的最近のことで、要するに、ロシア人が、自国のアーティストを評価しだした頃だ。2000年代初め、イベント企画者たちは徐々に、ギャラの高い海外のアーティストよりも、同じぐらい才能があるが、安上がりで、肩肘張らない地元のアーティストで代用するようになった次第。そういうとびきり楽しいイベントをご紹介しよう。


ナシェストビエ(襲来)祭(7月6日~8日、トベリ州。同州はモスクワ州北西に隣接)

=タス通信撮影

このロシア随一のロック音楽祭は、11年前に始まり、今では毎年18万人の観客が、ロシア各地から集まる145のバンドを聴き、8000人のボランティアが準備作業をする規模にまで成長した。

今年は、ロシアのベテランロック・グループ「DDT」、メランコリーな「スプリーン」、ロシアのアングラ(アンダーグラウンド)音楽の父と言われるボリス・グレベンシコフ率いる「アクアリウム」、ノスタルジックな「ブラボー」、愛国的なイーゴリ・ラステリャエフなど、錚々たる面々がステージに登場する。ラステリャエフの「コンバイン運転士」は、去年ユーチューブ(YouTube)で大ブレイクした。

「“襲来”に行くなら、ハプニングを覚悟して行ったほうがいいですよ。前、見知らぬパンクがいきなり私のテントで寝ていて。どうやら自分のテントと勘違いしたみたい」と一人の参加者は言う。


(公式サイト:http://nashestvie.ru/


ペルミの白夜(7月1日~24日、ペルミ市。同市はウラル山脈西側に位置する)

=アレクセイ・ジュラブリョフ撮影

 白夜祭は今年で2年目になる。主宰者の一人のミーシャ・オゲルさんによると、「初めの年は、ロシアのレゲエ、ヒップホップの“三首都のバトル”やマヌ・チャオ(スペイン系フランス人の歌手で政治活動家)など、テーマがいろいろありましたが、今回はロシアの国民性です」。

白夜祭は1ヶ月近く続き、その間、国際大道芸祭、サーカス週間、グラフィティ(落書き)祭や多くの音楽イベントが行われる。

夜、カマ川沿いでは盛大な花火ショーがあり、全員が古代ロシアの“川賊”の船を組み立てるのに参加し、黒い帽子をかぶり海賊気分になって、船卸しをすることができる。

 「もしもペルミの白夜祭に来るなら、することが沢山あるので1ヶ月丸々滞在してください。もしも飽きたら、目と鼻の先のところに山もあるしね」とミーシャさんは言う。


 (公式サイト:http://www.permfest.com/

 FERMA(農場)フェスティバル(7月5日~8日、カルーガ州、タルーサ市。同州はモスクワ州の南西に隣接)

=Press Photo撮影

「6月に彼女とモペッド(原付のバイク)で旅に出るので、“農場”には必ず寄るつもりです」とバディクさんは言う。

“農場”は小さな夏のピクニック祭だが、海外のアーティストより数倍速くチケットの売り切れる、超人気のロシアのバンドが集う。

 参加者は、デザイナーが作ったテントに住むことができて、朝食のおかゆをモスクワの最高のシェフたちと並んで作れて、毛布にくるまれて朝日を眺め、ギターポップ(インディー・ポップ)のグループPompeyaやDsh-Dsh!から、ロシアの最先端の音楽まで聴くことができる。

 「“農場”に来るとしたら、一晩だけ立ち寄ってみる、とか言わないこと。私も前回そう思ってたけど、帰るのは一番最後だったから」とバディクさんは笑う。

 アルフストヤニエ祭(7月29日~31日、カルーガ州、ニコラ・レニーベツ村)

=アレクセイ・クデンコ/ロシア通信撮影

アルフストヤニエ祭は、建築フェスティバルで、2006年以来、年2回ずつ開催されている。しかし、建築家のためだけのイベントではない。

この祭りは、7年前に建築家・画家ニコライ・ポリッスキー(55)が考え出したもの。特別に招かれたアーティスト、デザイナーや建築家がこの草深い田舎にやって来て、自然素材(木、藁、つる、雪…)を用い、与えられたテーマにしたがって、芸術的なオブジェを作る。抽象的なものでもいいし、実用的なものでもかまわない。今年のテーマは「納屋」だ。

建築家たちは、自分たちで建てた、やはりゲージツ的な小屋やテントに住んで制作にはげむ。イベントは、建築、パフォーマンス、研究の定かならぬ境界で展開するのだ。


(公式サイト:http://arch.stoyanie.ru/ru

 ゴロデツコエ・グリビシェ祭(8月13日、セルギエフ・ポサード地区。モスクワの北90キロに位置するここには、ロシア正教有数の聖地、至聖三者聖セルギイ大修道院がある)

=Press Photo撮影

「私は中世の織物屋の格好をして行きます」と言うのは、モスクワ大学で文献学を専攻するオーリャさん。

「彼氏は素手の殴り合いイベントに参加するみたい…」。

ゴロデツコエ・グリビシェは、中世スラブを一日再現する参加型イベントだ。当時の服装をした参加者たちは、フェンシングしたり、弓を射たり、素手で殴り合いをしたりする者もあれば、鎧を交換したり、蜂蜜や白樺の樹液を飲んだり、白樺の木の皮でブレスレットや籠を編んだりする者もあり、硬軟とりまぜて盛りだくさんのプログラム。

古代ロシアの歴史を甦らせるイベントの中でも、ここの祭りは壮観だ。今年は、さらにプログラムが充実し、鍛冶屋体験をし、織り機で綿を織り、野球に似た、古代ロシアのゲーム「ラプタ」のトーナメントに参加し、射手と騎兵隊の再現バトルを観戦することができる。


(公式サイト:http://www.gorodec.ru/