「鳥のミルク」ケーキ:ほんとにあるの?

「鳥のミルク」ケーキ=Lori/Legion Media撮影

「鳥のミルク」ケーキ=Lori/Legion Media撮影

 鳥のミルクとは、ロシアのおとぎ話で、とてつもなく珍しい貴重なもの。このケーキは1978年に、老舗レストラン・プラハのスイーツ部門料理長、ウラジーミル・グラルニク氏が創作した。空気のように軽やかで厚いスフレの層を薄いケーキの層が覆い、その上にチョコレートの上塗りが施されている。

作り方

材料

ケーキ

  • 砂糖     3/4カップ
  • マーガリン  3/4カップ
  • 卵 3個
  • ふるいにかけた小麦粉 1カップ半
  • バニラ   半小さじ

スフレ

  • 寒天   大さじ4
  • 水    1カップ3/4
  • 砂糖   2カップ半
  • レモンジュース 小さじ1
  • 卵白   3個
  • ベーキング・パウダー   1つまみ
  • 室温で柔らかくなったバター   1カップ
  • 甘いコンデンスミルク  半カップ

チョコレートの上塗り

  • ビターチョコレートの断片 1カップ分
  • バター   大さじ2

1. オーブンを230度。9インチのケーキ焼き型にバターを塗る。

2. マーガリンとバターをクリーム状になるまで混ぜ、卵を加えてよくかき混ぜる。小麦粉とバニラを混ぜる。ミックスを焼き型に入れ、約1.3cm程度のドーの層が二重になるようにする。焼き型をオーブンの上部に入れ、黄金色になるまで約10分間焼く。

3. 小型の鍋で寒天と水1カップを混ぜ、弱火で溶かす。

4. 大きな鍋で残りの4分の3カップの水、砂糖と寒天のミックスを混ぜる。このミックスが沸騰したら弱火にし、シロップがとろりとするまで(約40分)泡立て器でかき混ぜる。レモンジュースを混ぜ、火からはずす。 室温になるまで混ぜ続ける。

5. 小型のボールでバターをクリーム状にし、コンデンスミルクを混ぜ、しばらく置いておく。

6. 大型のボールで卵3個の卵白をベーキングパウダー1つまみとともに撹拌する。ミキサーで撹拌し続けているところに、冷めた砂糖と寒天のシロップを少しずつ注ぐ。そうすると、このミックスは出たら5分間そのままにする。

7. バターとコンデンスミルクのミックスを、卵白とシロップのミックスに加え、泡立て器を使って最初はゆっくり、次に電動撹拌機を使って完全に混ざるまで撹拌する。

8. ケーキ型にバターを塗る。最初のケーキを底に配置し、スフレのミックス半分を使って覆う。2番目のケーキをその上に配置し、残り半分のスフレのミックスで覆う。ケーキを冷蔵庫で15分間冷やす。

9. ダブルボイラーでチョコレートの破片とバターを溶かし、よくかき混ぜる。ナイフかへらを使って、ケーキをチョコレートの上塗りで覆う。冷蔵庫に入れて固める。

10. 盛りつけの前に、底が抜けるケーキ型の側面を外す。盛りつけするには、ナイフを熱湯で熱し、上塗りがひび割れしないように切る。

 

 ヒント: 寒天と砂糖を溶かした鍋を使い終わったら、すぐにお湯ですすぎ、そのミックスが固まってしまう前に洗浄すること。