漂流するロシアは世界の縮図 『ロシア文化の方舟』

 ソ連崩壊から20年。勝利した資本主義というシステムが、いま壊れようとしている。世界の地殻変動の全貌が明らかになってきた。
本書は、ロシアという方舟が、いかに生き延びたかを記す漂流記である。ノアの方舟さながら、政治、経済、宗教、文学、映画、アニメ、建築、絵画、音楽、演劇、食文化、サブカルチャーまで話題を満載。書き手は27人の若きロシア研究者たち。最新の動向ばかりでなく、中世を含めた歴史的視点からの展望もある。 
 ロシアという方舟はいつアララト山頂に漂着するのか。漂流するロシアは、混迷する世界の縮図である。ロシアが見えると、世界も見える。

(電気通信大准教授・三浦清美)