初の女性宇宙飛行士、75歳を迎える

=タス通信撮影

=タス通信撮影

3月6日、女性として初めて宇宙に飛行したワレンチナ・テレシコワさんが75歳の誕生日を迎えた。

 1963616日、世界初の女性宇宙飛行士「カモメ」(テレシコワさんの個人識別用コールサイン)が搭乗したボストーク6号が打ち上げられ、3日間で地球を48周した。その26年前、ヤロスラヴリ州のある村で、ベラルーシ出身の農家にワレンチナ・テレシコワが誕生した。

 テレシコワさんは働きながら技術学校の通信教育を受け、その頃からすでに空への関心を示していた。地元の飛行クラブで163回もパラシュートで降下した経験を持っている。ソ連で初の有人宇宙飛行が成功した後、ロケット開発指導者であるセルゲイ・コロリョフ氏に、女性を宇宙に送るという構想が生まれた。ニキータ・フルシチョフ書記長の命令により、女性宇宙飛行士候補の選定が始まり、複数の飛行クラブに照会し、テレシコワさん他4名を候補とした。 

女性宇宙飛行士

 ソ連の宇宙開発の歴史において、宇宙飛行士としての訓練を受けた女性は18名存在する。うち、ワレンチナ・テレシコワさんの他、スベトラーナ・サビツカヤさん、エレーナ・コンダコワさんの3名が実際に飛行した。スベトラーナ・サビツカヤさんは女性初の宇宙遊泳を行い、エレーナ・コンダコワさんは宇宙ステーション「ミール」で170日間作業し、女性宇宙飛行士として初の長期滞在を行なうなど、後の二人も記録的な功績を残している。4人目の女性宇宙飛行士は、2013年に飛行予定となっている。宇宙に行く可能性が高いのは、宇宙飛行士候補者のエレーナ・セロワさんだ。飛行部隊に出願したのは7年前で、その時を待ち続けている。

 「女性グループの5名にかけられた作業負荷は、男性グループよりも大きいものでした」とテレシコワさんは当時の過酷極まる訓練システムを振りかえる。飛行訓練の内容は最高機密であった。テレシコワさんの母親でさえ、娘が宇宙に行ったことを新聞で知ったほどだ。

 ボストークの操縦室は、設計者の間で「缶詰」と呼ばれていたほど狭く、宇宙服で身を固めている宇宙飛行士は、身動きひとつとるのも大変だった。3日間の宇宙滞在が女性の身体に与え得る影響について、正確な医学データは当時存在していなかった。

ワレンチナ・テレシコワ、1963年6月16日=ロシア通信

ワレンチナ・テレシコワ、1963年6月16日=ロシア通信

 1963616日、地球上の何百万もの人々がテレシコワさんの「カモメ」を聞いたが、この画期的なできごとの裏では、悲劇が起こる寸前だった。「宇宙船に誤算が生じたのです。地球への着陸の代わりに、軌道上昇がセットされた状態だったため、あやうく地球に帰還できなくなるところでした。タイミング良く気づいたので、すぐに報告を行い、専門家が正しいデータをインプットし直し、何とか帰還できたのです」とテレシコワさんは長年の秘密を明かした。

 テレシコワさんは帰還後も、宇宙飛行士グループとともに訓練を続けたが、多くの時間が世間への対応に割かれた。結局この飛行が彼女にとって最初で最後のものとなり、1968年、最初に結成された女性グループは解散した。宇宙飛行の成功と、その英雄的精神とたくましさをたたえ、1963622日、ソ連邦最高会議幹部会令により、ワレンチナ・テレシコワさんに称号「ソ連の英雄」、レーニン勲章そして「金の星」メダルが授与された。

 テレシコワさんには海外からも名誉のある賞が贈られている。また、故郷のみならず、世界の様々な都市で名誉市民に選ばれている。75回目の誕生日は、昨年12月に当選した「統一ロシア」党の国会議員として祝った。モスクワ総主教キリル1世は36日、初の女性宇宙飛行士としての「長年に渡る有人宇宙飛行の発展への貢献」、そしてその多大な国家的、社会的活動に対し、テレシコワさんに栄光・名誉勲章を授与した。