日露両政府、業務ビザ申請手続きの簡略化に合意

PhotoXPress撮影

PhotoXPress撮影

日露両政府は、両国間の経済協力関係強化を目的として、業務ビザ(査証)申請手続きを簡略化することに合意した。日本の外交筋がタス通信に伝えたところによると、今月28日のセルゲイ・ラブロフ露外相の東京訪問の際に、正式に合意文書に署名される見通しだ。

今回の合意によって、90日間以内の業務ビザであれば、招待状は不要になる。また、三年間有効のマルチビザ(数次査証)も新たに導入される。

日露間の貿易や対外投資の規模は拡大しているが、両国間の渡航者数はそれほど多くはなく、両国合わせて年間12万人から15万人程度にすぎない。なお、比較のために例を挙げると、日中間の渡航者数は年間500万人にも達している。

http://www.itar-tass.com/c9/326639.html