ソ連中尉の日本亡命でMiGに恩恵

 ソ連のパイロット、ヴィクトル・ベレンコ中尉が戦闘機「MiG-25」で日本まで飛行し、亡命した時、アメリカに戦闘機の秘密がばれてしまった。だがこの亡命はその後のMiGの国際市場での成功へとつながった。MiG-25は最初の飛行から45年経過した今もなお、欧米諸国の歴代戦闘機を超える、世界最速の戦闘機となり続けている。
MIG-25
戦闘機「MiG-25」=  AP撮影

​ヴィクトル・ベレンコと息子=AP撮影​ヴィクトル・ベレンコと息子=AP撮影 ベレンコ中尉は40年前、機密戦闘機MiG-25で日本まで飛行、亡命し、アメリカに当時の最新機の中身を知られることとなった。

 1976年9月6日、沿海地方のソ連防空軍第11独立軍に所属する複数のMiG-25が、日常訓練を実施した。ベレンコ中尉はこの編隊のパイロットの一人であった。訓練空域へ飛行した時、ベレンコ中尉はグループから離れ、ソ連のレーダーに引っかからないよう低空飛行した。日本の領空に入ると、アメリカ製F-4ファントム戦闘機2機に追尾されたが、世界最速機は追いつかれなかった。そして函館空港に着陸。ベレンコ中尉は日本の当局に連行された。

 アメリカにとって、亡命は予想外の棚ぼたであった。ソ連は徹底した秘密主義の国であったため、MiG-25は最も神秘的な戦闘機となっていた。欧米の専門家はMiG-25の能力について神話のような想像をしていたし、「北大西洋条約機構(NATO)」からは「フォックスバット」というコードネームをつけられた。

 

アメリカの核爆撃機に対抗

 アメリカが最高速度マッハ3の戦略爆撃機「XB-70ヴァルキリー」を製作していることが明らかになった後の1960年代初頭、MiG-25の製作が「ミコヤン・グレヴィチ設計局」で始まった。XB-70ヴァルキリーでソ連が核攻撃されるという見通しに直面して、ソ連政府は同様の速度の迎撃機を開発することを決定した。

 問題の多かったヴァルキリー計画が消滅してもなお、ソ連はMiG-25にこだわり続け、結果的に世界最速の戦闘機・迎撃機が生まれた。ソ連は徹底した機密保持対策を取っていたため、欧米のパイロットが新しいMiGを目にすることはなかった。その秘密のベールをはいだのが、ベレンコ中尉の亡命だったのである。

 日本人は当初、ベレンコ中尉と乗っていた戦闘機をどうすべきかわからず、当惑していた。ソ連がパイロットを連れ戻したいと考えていた一方で、アメリカは謎のMiGを見たがっていた。欧米の専門家がMiGを見たのはこれが初めてで、多くの秘密とサプライズが飛び出してきた。

 

時代遅れの技術(笑)

 「アメリカ航空宇宙情報センター」はMiGを解体した時、航空電子機器が固体電子工学ではなく、真空管技術にもとづいていたことを発見した。ソ連人が最新機に時代遅れの技術を使っていたことを知り、アメリカ国防総省では笑いが起こった。

 それでもアメリカ人は、ソ連人が真空管を使用していた理由についての研究を続けた。そして、フォックスバットを設計した人物がフォックス(キツネ)のように賢いことを、何年も経過した後に理解した。真空管があることで、MiG-25のレーダーの電力は敵の電子妨害手段を溶かせるほど強力であった。つまり電子妨害に対しては無敵だったのである。

 さらに、真空管によって、MiG-25のシステムは電磁パルス(欧米人よりもはるか前にソ連人は電磁パルスについて知っていた)に対して耐久性があった。それは、核戦争が勃発した場合に、MiG-25が地球上で「唯一」飛行できる航空機であることを意味する。

 

MiG-25の秘密

 ベレンコ中尉はアメリカの取調官に対し、試作機MiG-25sのマッハ3.2とは違い、自分の戦闘機は高度8万フィートではマッハ2.8(3500キロメートル毎時)でしか安全飛行できないと話した。マッハ2.8で、エンジンはオーバーヒートし、翼の下に吊り下がっている空対空ミサイル4基が振動して危なかったと不満を述べた。

 アメリカの技術者は、ソ連の技術が多くの点で驚くほど時代遅れであることに気づいた。MiG-25の翼は機械ではなく、手で溶接されていて、リベットには抵抗を減らすための平のつぶしがなかった。

 これらの欠点にもかかわらず、ある専門家は、アメリカの雑誌「タイム」のジョセフ・ケイン記者の取材に対し、MiG-25が「ファンタスティック」な飛行機であることを認めた。エンジンは燃焼してもアメリカの航空機ほどすすを出さず、推力はアメリカの専門家が推算した2万4500ポンドではなく、2万7000ポンドであった。

 ソ連にとって最大の損失だったのは、ベレンコ中尉がMiG-25の操縦説明書を持っていたことであった。また、既存のレーダーの能力が知られてしまったため、ソ連空軍はMiG-25の新しいレーダーの開発を余儀なくされた。アメリカのパイロットがレーダーの対策の取り方を知っていたら、空中戦で不利になってしまう。ソ連は戦闘機をほぼ再発明し、MiG-31の基盤を築いた。MiG-31にはMiG-25の速度と予測不可能な性質があった。

 

MiG-25の宣伝

 広報的・軍事的災難からソ連が得たプラスとは、MiG-25が国家機密でなくなり、輸出が可能になったことだ。それまで、中東の多くの国からMiG-25を輸出してほしいと言われていたが、ソ連政府は最新機の輸出を拒んでいた。ソ連の政策では、同盟国および衛星国のすべてに、機能を抑えた輸出版しか輸出できなかった。

 ベレンコ中尉がMiG-25の秘密を明かし、世界中に劇的に伝わったことから、MiG-25の需要はさらに高まった。エジプト、イラク、シリアの空軍はいくつものMiG-25を保有し、規模も大きくしっかりと訓練されているアメリカやイスラエルの空軍に対して、立派なパフォーマンスを見せた。実際、イラク戦争で唯一撃墜されたアメリカのF-15戦闘機は、イラクのMiG-25によるものであった。

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!