モスクワが「IT専門家に快適な都市」で14位

 ITエキスパートが最も働きやすく暮らしやすい都市のランキングで、モスクワが14位に入った。この番付は、英国の専門職求人サイト「エキスパート・マーケット」が作成した。
Moscow City
 AP通信

 「アメリカのサンフランシスコ・ベイエリアに位置するシリコンバレーが、テクノロジーのハブとして最も独創的で成功していることに疑問の余地はない。だが、これからキャリアを築こうとする若手や新企業を立ち上げる人にとって、ここに住むのはベストだろうか?」

 エキスパート・マーケット社のアナリストはこう問題提起する。6月初めに同社は、ITエキスパートが最も働きやすく暮らしやすい都市のランキングを発表した。

 その際、アナリストたちは、通勤時間や家賃をふくむ一連の指標に基づいて評価したが、その結果は意外なものだった。ロンドン、ニューヨークのような ハイテクの中心地が、番付の下位に甘んじた。

 

ビジネスを立ち上げるまでの所要時間と投資の受けやすさで7

 1位に輝いたのはベルリンで、2位はオースティン(米テキサス州)、3位はトロント(カナダ)で、パリとアムステルダムも、トップ10に入っている。

 モスクワは、バンクーバー(カナダ)に次いで14位で、僅差でシカゴを上回った。いくつかの指標では、モスクワは10位以内に食い込んでいる。

 例えば、ITビジネスを立ち上げるまでの所要時間で、モスクワは7位で(1位はカナダのモントリオール)、投資の受けやすさでも7位。

 また、ITエキスパートの生活費でも、モスクワは最も安上がりな部類に入り、2位だった(1位はインドのバンガロール)。アパートの家賃もかなりお手頃で5位である(やはりバンガールに次ぐ。サンパウロ、モントリオール、ベルリンも、モスクワより安価)。

 

アキレス腱は交通の便

 「私たちの哲学は、もし、ハイテク分野で働くか、自社を立ち上げるかして成功したいなら、企業の成功と快適なライフスタイルの間でうまくバランスをとらなければならない、ということ」。こう説明するのは、エキスパート・マーケット社のアナリスト、ボッビ・ブラント氏だ。

 モスクワが上位に入れなかった指標は交通問題。交通の便でモスクワは20位に甘んじている。ITエキスパートは、19位のバンガロールでも、モスクワよりは短時間で職場にたどりつける。

もっと読む:ロシアで働く外国人はこう思う>>>

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!