経団連関係者が8日にロシアを訪問

2016年6月8日 タス通信
 「日本経済団体連合会(経団連)日本ロシア経済委員会」の朝田照男委員長は、ロシア訪問の際に「東方経済フォーラム(EEF)」で新たな契約締結の基礎をつくれればと期待している。朝日新聞の8日づけのインタビューで、これが明らかになった。

安倍首相も9月にウラジオ訪問の予定

 「ウクライナ情勢を受けて、各国の制裁が発動される中、企業の進出は難しくなっているが、安倍晋三首相は、9月にウラジオストクで行われるEEFへの出席を予定しており、新しい事業契約が可能になることを望む。ロシア訪問中にその素地をつくれれば」と朝田委員長。

 安倍首相がロシア南部のソチを6日に訪問した際、ウラジーミル・プーチン大統領との会談で提示した、「8項からなる関係発展プラン」について、「具体化することをロシア側」に、訪問中に提案したいという。極東での協力が、港湾、物流、農業の設備の分野、また上下水道の完成、ゴミ処理、代替エネルギー、石油化学の分野で発展する可能性があることを、朝田委員長は説明した。

 

記事全文(露語)

もっと読む:日本企業に極東での活動拡大計画>>

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!