「クリル諸島への命名はロシアの主権的権利」

2017年2月14日 タス通信
 クリル諸島(千島列島)のこれまで名前がなかった5つの島に名前がつけられたことについて日本側が抗議したことを受けて、ドミトリー・ペスコフ大統領報道官は「これらの島々がロシアの領土である以上、命名はロシアの主権的権利である」とコメントした。2月14日、タス通信が伝えた。

 「クリル諸島に関する日本の立場はよく知られている。また我々は二国間関係の新しいポジティヴな動きを高く評価しており、この動きを維持していく意向だ。とはいえクリル諸島は依然ロシア連邦の領土であることに変わりはない」とコメントした。

 これより先、クリル諸島の5つの島に名前がつけられたことが伝えられ、日本政府はこれに抗議していた。

*タス通信の記事を抄訳

もっと読む:3月に「共同経済活動」について協議>>>

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!