ポゴリラヤがNHK杯で優勝

2016年11月27日 Rスポルト
 ロシアのフィギュアスケート選手、アンナ・ポゴリラヤが、札幌でのグランプリシリーズ第6戦(最終戦、NHK杯)の女子シングルで優勝し、グランプリファイナルへ進出した。

 先のモスクワでのロシア大会で優勝しているポゴリラヤは、土曜日に行われたフリープログラムで139,30をマークし、合計で210,86を獲得し、グランプリファイナル進出を果たした。3位となった(フリー125,92、トータル195,88)同じロシアのマリア・ソツコワも、グランプリファイナル出場を決めた。2位は、日本の宮原知子(フリー133,80、トータル198,00)。

 12月8~11日にマルセイユで催されるグランプリファイナルの女子シングルには、エフゲニア・メドベージェワとエレーナ・ラジオノワの両ロシア人選手も、出場することになっている。

 

Rスポルト紙の記事を全訳

もっと読む:9人のフィギュアスケーター>>

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!