神戸でロシア文化センターが開業

 今日、9月16日、神戸市に、在大阪ロシア連邦領事館の支援を受けて、ロシア文化センター神戸がオープンした。オープニングセレモニーには、兵庫県副知事をはじめ神戸市役所の代表者など約100人が参加。オレグ・リャボフ駐大阪ロシア連邦総領事も出席した。

 アンナ・ヴォロジツォワ・センター長がロシアNOWに語ったところでは、セレモニーの訪問者たちのために、ロシア物産市が開かれたほか、コンサートも行われ、ロシアと日本のアーティストたちが出演した。 

 

きっかけ

 ヴォロジツォワ・センター長によると、センターの主な課題は、ロシア文化を伝え、広めること。

 「事のきっかけは、私たちのロシア語学校『ミーシカ』で、生徒の親たちがロシア文化に興味を抱いたのが分かった時。親たちのなかには、日本人とロシア人が結婚しているケースが少なくない。それで日本人の親に、ロシア文化についてもっと話してあげることにした」。ヴォロジツォワ氏はこう設立の経緯を説明した。

 

今後の計画

 こうしたセンターの設立の計画は、神戸だけにとどまらない。来年2月には、京都で日本文化フェスティバルを開催する計画がある。神戸のセンターについて言えば、将来的には、ロシア語の蔵書を多数備えた図書館を開設する予定で、ロシアに興味を持つ人すべてを対象とする。また、今センターでは、ロシア文学の夕べを開催中。

 このほか、空手道場の開設も計画に入っている。日本人とロシア人のハーフの児童だけでなく、ロシアと直接のつながりを持たない地元の子供も、ここで稽古することができるという。これに関連して、センターは、ロシアの空手道場、クラブと交流することを希望している。

もっと読む:日本初のロシア語センターが開校>>

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!