「プーチン大統領を広島に招待」

2016年9月15日 ロシア通信
 プーチン大統領が訪日した際に広島と長崎に招待するとの報道がなされたが、これに対しドミトリー・ペスコフ大統領報道官は、訪日日程は外交ルートで詰められだろうとコメントした。

 ペスコフ大統領報道官は、プーチン大統領は訪日の際に広島と長崎を訪れる予定はあるかとの質問に対し、「(訪日の)プログラムは外交ルートで調整されることになる」と述べた。

 これに先立ち、かつて米軍の原爆投下を受けた広島と長崎両市は、12月の訪日時に両都市も訪れてほしいとの、プーチン大統領への願いを、在日本ロシア大使に伝えていた。

 

ロシア通信の記事を抄訳

もっと読む:広島、長崎への原爆投下から70年>>

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!