ポケモンGOを装ったウィルス

2016年9月15日 タス通信
 「カスペルスキー・ラボ」がグーグル社の公式アプリストア「Google Play」内に人気ゲーム「ポケモンGO」の名をかたった有害プログラムを発見した。端末を感染させ、完全に乗っ取ってしまうものだ。
Pokemon Go
ポケモンGO=  ロイター通信

 問題のアプリの名称は「Guide for Pokemon Go」。そこに含まれているウィルスがスーパーユーザーの権利を取得し、端末に別の有害プログラムをダウンロードしたり、強制的に広告を出現させたりできるようになってしまう。

 カスペルスキー・ラボは次のように発表している。

 「我が社の専門家たちの評価では、50万人あまりのユーザーが、信じられないほどの高い人気を誇る携帯ゲーム(ポケモンGO)を悪用した害悪プログラムの犠牲になった可能性がある。有害プログラムはちょうど50万回ほどダウンロードされている」

 同社によれば、この有害ウィルスはアプリ起動時でなく、ユーザーが別のアプリを設置したり削除したりしたときに動作を開始するため、発見が困難なのだという。

 同アプリはすでにGoogle Playから削除されている。

*タス通信の記事を抄訳

もっと読む:教会でポケモンGOで遊ぶブロガーが逮捕された>>>

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!