プーチン「必要であれば日本と港湾インフラ整備」

2016年9月2日 ロシア通信
 必要であれば、液化天然ガスを輸出するための港湾のインフラを、日本と整備していく用意がある、とウラジーミル・プーチン大統領は述べた。

 「極東の港湾の可能性については、サハリンで、言うなれば、『サハリン1』および『サハリン2』の枠組みの中で生産される液化天然ガスの70%が、日本市場向け。ロシアは日本の需要を知っており、原子力エネルギーに関連する問題を理解している。液化天然ガスの輸送には特有性があり、追加的な投資が必要であるため、必要であれば、港湾インフラの整備を含む、この協力の用意がある」と、2日に開幕した「東方経済フォーラム(EEF)」で話した。

 

ロシア通信の記事を全訳

もっと読む:プーチンが領土問題で妥協を示唆>>

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!