プーチン大統領が安倍首相に弔電

2016年7月26日 タス通信
 プーチン大統領は相模原市の障害者施設における殺傷事件につき、日本の安倍首相に哀悼の意を表明した。

 ロシア大統領は弔電で「無防備な障害者に対して行われた犯罪はその残忍さとシニズムで震撼させる」と強調した。

 プーチン大統領は遺族への哀悼と支援の言葉を伝え、負傷者全員の早期回復を願うとした。

 26日未明、相模原市の障害者施設における凶行で、19人が死亡、20人が重傷を負っている。

タス通信の記事を抄訳

もっと読む:トルコのクーデターにはロシアのSu-24を撃墜したパイロットが参加>>>

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!