ロシアの宇宙食市場と2人の参入者

 元レストラン経営者のアンドレイ・ヴェデルニコフ氏は、宇宙食の自動販売機を国内の博物館や展示場などに設置し、広く販売している。だが近々、ガソリンスタンドやインターネットでの販売を展開する競合が出現する。
Spacefood
「スペース・フード」=  写真提供:ドミトリー・ブボネツ

 元レストラン経営者のアンドレイ・ヴェデルニコフ氏は、宇宙食の自動販売機を国内の博物館や展示場などに設置し、広く販売している。だが近々、ガソリンスタンドやインターネットでの販売を展開する競合が出現する。

 現代の宇宙飛行士は、チューブ食をほとんど食べなくなっており、普通に食事をしている。だが、多くの人はこのことを知らない。ソ連の宇宙開発に対するノスタルジーを、ヴェデルニコフ氏は、歯磨き粉のチューブのような包装になっている宇宙食を市場に投入する形で具現化した。メニューは、ピューレ状スープ、メインディッシュ、デザート。

アンドレイ・ヴェデルニコフ氏=写真提供:ドミトリー・ブボネツアンドレイ・ヴェデルニコフ氏=写真提供:ドミトリー・ブボネツ

 ロシアの企業調査会社「SPARK」のデータによると、ヴェデルニコフ氏の会社「宇宙食研究所」の2015年の売上高は540万ルーブル(約1026万円)、収益は130万ルーブル(約247万円)だった。2016年は、ヴェデルニコフ氏によれば、売上高は6倍に伸びたという。

 

一番人気はアレ

 ヴェデルニコフ氏は元レストラン経営者。宇宙食の販売を思い立ったのは、2011年のこと。だが準備段階は4年に延びた。この間、「食品濃縮産業・特別食品技術研究所」(宇宙食研究機関)および連邦国営単一企業「ビリュリョヴォ実験工場」(宇宙食生産・供給業者)と提携について交渉していた。独自のレシピと生産技術は、国によって保護されている。国家機関の説得を後押ししたのは、ウラジーミル・プーチン大統領の言葉である。宇宙開発における達成を一般に普及させることを幾度となく呼びかけていた。

 ヴェデルニコフ氏は、会社「宇宙食研究所」とブランド「スペース・フード」を登記した。本人によれば、宇宙食の供給について交渉した会社は多数あったが、自身が最もねばり強かったのだという。

「スペース・フード」=写真提供:ドミトリー・ブボネツ「スペース・フード」=写真提供:ドミトリー・ブボネツ

 宇宙食のパッケージだけでなく、味にもこだわり、本格的なものを目指した。本物の宇宙食との唯一の違いは量で、115グラムと、本物より45グラム少ない。チューブの小売価格を300ルーブル以下に抑えるために、減量が必要だった。本物の量になると、価格が割高になってしまう。

 現在の品ぞろえは12品。最も人気の高い商品はボルシチ。ヴェデルニコフ氏は、材料を国内の農家から仕入れている。

 

日本からも引き合いあるものの...

 「スペース・フード」商標の食品が発売されたのは昨年2月。モスクワの「経済達成博覧会(VDNH)」の宇宙館に、1台目の自動販売機が設置された。

 ヴェデルニコフ氏は、購入するのは自販機に慣れた若者だと思っていたが、観察してみると、主な購入層は上の年代だった。ソ連時代の宇宙開発への懐かしさから購入する、と考えている。

 2015年夏までに、「モスクワ・プラネタリウム」、宇宙博物館、テーマ別展示場など、さまざまな場所に自販機を設置した。現在、サンクトペテルブルク、キーロフ、エカテリンブルグ、ゲレンジーク、サマラ、ソチなどの博物館には、30台の自販機がある。

写真提供:ドミトリー・ブボネツ写真提供:ドミトリー・ブボネツ

 「メニューが増えて、価格が従来のファーストフードほどの手ごろさになれば、会社は大きく成長し、大衆消費市場に参入できる可能性もある」と、ロシアの「ジェイソン&パートナーズ・コンサルティング」のセルゲイ・シャフクノフ業務最高責任者は話す。

 とはいえ、スペース・フードの販売拡大には、需要の問題以外にも、ビリュリョヴォ実験工場の生産配分の問題もある。この工場の主な顧客は、あくまでも本物の宇宙飛行士だ。ヴェデルニコフ氏によれば、カナダ、イギリス、日本などから引き合いがあるが、すぐに生産を拡大することが難しいのだという。

 

土産ではなくてファーストフード

 1台目の自販機を設置した半年後に、最初の競合があらわれた。モスクワ国立車道技術大学の学生アレクサンドル・ポクラド氏は2015年7月、会社「コスミチェスコエ・ピタニエ(宇宙食)」を登記した。

 ポクラド氏は、パートナーの投資家とともに、オリョール市(モスクワの南南西330キロ)で工場を設立した。レシピの開発を行ったのは、「全ロシア缶詰技術研究所」。この研究所も、ポクラド氏によれば、過去に宇宙食づくりに取り組んだことがあるのだという。メニューは「スペース・フード」とは少し異なる。例えば、キノコのスープがある。

 「コスミチェスコエ・ピタニエ」の登記から、商標「コスモピト」の最初の商品が発売されるまで、約1年かかった。ポクラド氏が販売する場所は、博物館や展示場ではなく、インターネット上とガソリンスタンド網「トラッサ」。

 ポクラド氏の宇宙食は当初、ヴェデルニコフ氏の宇宙食より10~40%安く、45グラム多かったが、現在は価格が同じになっている。現在、コスモピトを、ロシアのさまざまな地域の40のディーラーが販売している。ポクラド氏は売上高を明かしていないが、今のところ赤字で、2017年春に0水準になるという。

 ディーラーの一人で、珍しい食品を扱うインターネット・ショップ「マステル・ジン」の責任者であるアレクセイ・ベロフ氏は、コスモピトの販売を「宇宙探査初期へのノスタルジック・ソリューション」だと話す。

 ただ、ポクラド氏は、チューブ食をただの土産ではなく、すぐに食べることのできる手軽な食品だと考えている。ガソリンスタンド網を選んだ理由はそこだ。空腹なドライバーの市場は、宇宙の土産愛好家の市場よりもはるかに大きい。

元記事(露語)

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!