メドベージェワとソツコワが代表入り

2017年3月9日 タス通信
 ロシアのフィギュアスケート女子シングルのエフゲニア・メドベージェワとマリヤ・ソツコワが、フィンランドの首都ヘルシンキで開催される2017年「世界選手権」のロシア代表に選ばれた。

 エフゲニア・メドベージェワ選手=アレクサンドル・ヴィルフ/ロシア通信エフゲニア・メドベージェワ選手=アレクサンドル・ヴィルフ/ロシア通信

 アンナ・ポゴリラヤも出場する。タス通信が国際スケート連盟(ISU)広報課の情報として伝えている

 男子シングルではミハイル・コリャダとマクシム・コフトゥン、ペアではクセニヤ・ストルボワとフョードル・クリモフ組、エヴゲニヤ・タラソワとウラジーミル・モロゾフ組、ナタリヤ・ザビヤンコとアレクサンドル・エンベルト組、アイスダンスではエカテリーナ・ボブロワとドミトリー・ソロビヨフ組、アレクサンドル・ステパノワとイヴァン・ブキン組が出場する。

 世界選手権ヘルシンキ大会は、3月29日から4月2日まで開催される。

もっと読む:メドベージェワ優勝インタビュー>>>

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!