日本でコンチャロフスキー作上映へ

2017年2月16日 ロシアNOW
 ロシアのアンドレイ・コンチャロフスキー監督の映画「天国(Рай)」が、日本の42市区町村で今年開催される「ロシアの季節」で上映される。ロシア連邦文化省がこれを伝えている。上映されるのは、コンチャロフスキー監督が日本を訪問する時。訪問は現在調整中。

アンドレイ・コンチャロフスキー監督=エカテリーナ・チェスノコワ/ロシア通信アンドレイ・コンチャロフスキー監督=エカテリーナ・チェスノコワ/ロシア通信

 「ロシアの季節」の企画は、14日に行われたアレクサンドル・ジュラフスキー文化次官と上月豊久駐ロシア大使の実務会談の議題となった。ジュラフスキー文化次官はこのプロジェクトの重要性に言及し、「ロシアの季節」の形は企画で変わってくると話した。

 「公演の企画の部分で、日本のパートナーからプラットフォーム選びに貴重な支援をしていただく可能性がある。最新作『天国』のプレミアも予定されているコンチャロフスキー監督の日本訪問が調整されていることもあり、映画分野でパートナー関係を築くことはとても重要」と文化省は伝えている。

 日本で「ロシアの季節」が開催されることは、ウラジーミル・プーチン大統領が日本を訪問した際に行われた、昨年12月16日の安倍晋三首相との共同記者会見で発表された。

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!