ロシアの画家が描くクリスマスと新年

 もみの木に輝くライト、嬉しい気遣い、祝日の忙しさ、プレゼント、雪景色・・・。画家たちは冬の主要なお祭りの雰囲気ある光景を描かずにはいられなかった。

アレクセイ・チェルヌィショフ「ニコライ1世の家族と過ごす風景。アニチコフ宮殿でのクリスマスツリー」、1848

アレクセイ・コルズヒン「クリスマス・イヴ」、1869年

セルゲイ・ドセキン「クリスマスの準備」、1896

ヴィクトル・ヴァスネツォフ「雪娘」、1899年 

アレクサンドル・ブチクリ「クリスマスマーケット」、1906年 

アレクセイ・コリン「クリスマスツリー」、1910年 

ミハイル・ヴルーベリ「雪娘」、1900年代

ニコライ・フェシン「もみの木」、1917年 

ボリス・クストジエフ「もみの木の販売」、1918

ゲンリフ・マニゼル「もみの木の販売」、1910年代 

アレクサンドル・モラヴォフ「クリスマスツリー」、1921年 

ジナイーダ・セレブリャコワ「もみの木のそばの青い服のカーチャ」、1922年 

大公女オリガ・ロマノワ「新年のごちそう」、1935

大公女オリガ・ロマノワ「クリスマス(父アレクサンドル3世の肖像画と)」、1950

A.N. セミョーノフ「レニングラードサーカスのもみの木」

フョードル・レシェトニコフ「休暇先に到着」、1948

ヴァレリー・トプコフ「サライスクの冬」、2006年

ヴェラ・ブシュロワ「新年を祝うアリメチエフスク市」、2013年

もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる