玉ねぎ、コーヒー、ビーツを使ってイースターエッグを彩色する方法

ダリア・ソコロワ撮影
 パスハ(復活大祭)には、キリスト教徒たちは卵に色を塗って、教会に飾ったり、プレゼントし合ったりします。自然の素材で卵を彩色するロシアの伝統的な方法をお教えしましょう。

卵を彩色する伝統はどこから生まれたのだろう

 キリスト教では、イースターエッグは、中に永遠の生が秘められた主の棺の象徴だ。実は、パレスチナでは、洞窟の中に霊廟が作られ、その入り口は石で閉ざされていた。一説では、イエスの廟を閉ざした石が卵の形に似ていたのだという。卵の殻の中で新たな命が生まれるように、イースターエッグも、イエスの復活を思わせる。エッグを彩色するときにもっともよく使われる濃い赤は、イエスの受難と血を意味しているのである。

 マグダラのマリアが、ローマ皇帝ティベリウスに卵を贈り、キリストの復活を知らせたという言い伝えはよく知られている。ティベリウスは、最初は信じなかったのだが、その時、起きた奇跡を証明するかのように、卵が赤くなったのだという。

 しかし、エッグの彩色の伝統にはもっと実際的な説明もある。大斉期の時には、卵を(その他の動物由来の食品も)食べてはいけない。そのため、鶏卵が痛まないようにゆでていた。ゆで卵を生卵と区別するために、ゆで卵に色をつけていたのだという。

古代ルーシではどのようにエッグを彩色していたのだろう?

 一色に塗られたエッグは、古代ルーシでは、「クラーシェンカ(彩色卵)」と呼ばれていた。普通、エッグの彩色に用いられていたのは玉ねぎの皮で、赤褐色や濃いオレンジ色にすることができた。

 蝋(ろう)で装飾を施したエッグは、「ピーサンカ(書かれた卵)」と呼ばれていた。ピーサンカは、生卵に彩色を施し、食用にはしなかった。彩色した後に飲まれていたのだ。

 今は、食用染料や専用のシールを使ってエッグを彩色することができるが、私たちは、いつもの食材である玉ねぎやコーヒー、ビーツを使って彩色卵を作ってみましょう。

 彩色用には、白い卵を選んだほうがいい。ゆでる前に、約一時間ほど室温に置いておくこと。

玉ねぎの皮:赤褐色

 エッグを伝統的な赤褐色に染めるには、玉ねぎの皮を用おう。鍋に玉ねぎ10個分の皮(コップ2杯分)を置き、水1ℓを入れたら火にかけ、沸騰したら15分から30分煮出す(火にかける時間が長いほど濃い色になる)。ゆで汁が冷めたら、そこへ生卵を入れ、普段通りにゆでる(10分ほど)。ゆで汁の中に卵を入れる時間の長さによって色の濃さが変わる。赤玉ねぎの皮を使うと、エッグは紫がかった色になる。

ビーツ:薄紫色

 ビーツは粗いおろし金ですりおろし、鍋に入れて水を注ぐ。混ぜながら沸騰させ、10分から15分間ゆでる。その後、鍋を火からおろし、かき混ぜながら冷ます。小さじ1杯の酢を加え、ざるで漉し、ゆで汁の中に卵を入れたら1時間半から2時間ほど置く。

コーヒー:薄茶色

 挽いたコーヒー小さじ8杯分をカップ2杯分の水で溶く。混ぜながら沸騰させたら冷まし、その後、その中に生卵を入れて10分から15分ゆでる。それから、鍋を火からおろし、1時間ほど置いてエッグに色を染み込ませる。

ほうれん草:薄緑色

 ほうれん草1に対して二倍の水を入れて(例えば、ほうれん草100gなら水カップ1杯、エッグ一個分ならこれで充分)沸騰させる。水が緑色になるまでほうれん草をゆでる。その後、鍋を火からおろし、ゆで汁を濾してから冷まし、ゆで卵を入れる。きれいでしっかりと色をつけるには、ゆで汁に酢を小さじ2杯加えるといい。

自然の食材で他にどんな色をつけられる?

・黄色:うこん、サフラン

・オレンジ:パプリカ

・水色:赤キャベツ

・暗青色:ワイン

エッグにはどうやって絵を描けばいいのだろう:

 葉を使って模様をつけるのには、コリアンダーやバジル、パセリなど、どんな植物でも使える。エッグを水で濡らしてから葉を貼り付ける。それから、エッグをガーゼかナイロンの靴下に入れて、普段通りにゆでる。

 縞模様をつけるには、ゆでる前のエッグに紐か輪ゴムを巻きつける。

 エッグと一緒に米か豆を靴下、またはガーゼに入れてゆでると、水玉模様になる。

 すでに彩色した後のエッグに艶を出したいときは、植物油を塗るといい。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる