ロシアの学生ビザの期限が1年に延長

 ロシア内務省は1年を期限とする外国人学生向けビザに関する法案について合意した。内務省内で合意された法案が成立すれば、外国人留学生は1年間のビザをもってロシアに入国することができるようになる。ロシア通信が伝えた。

サンクトペテルブルク国立大学、法学部=AFPサンクトペテルブルク国立大学、法学部=AFP

 内務省移民局のアレクサンドル・トルストブロフ報道官によれば、ビザの問題はすでに着手済み。「我々は法案の修正について合意した。おそらく、もうじき学生たちは3ヶ月(90日)でなく、1年を期限とするシングルビザを手に渡航できるようになる」。報道官がロシア連邦社会院の2月14日の会合で述べた。

 法案はこれから各機関の審議に付される。

 これに先立ち教育省が法制への修正案を策定した。これにより大学に入る学生たちはロシアビザ取得のために書類を二度提出しなくてよくなる。受験生として取得したビザをそのまま学生ビザとして使えるのだ。

もっと読む:ロシア留学のQ&A>>

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!