115番元素名は「モスコビウム」に

 「国際純正・応用化学連合(IUPAC)」は11月30日、4つの新元素の名称と番号を承認した。うち2つの新元素はロシア発である。
Science
 =スタニスラヴ・クラシリニコフ/タス通信

 115番目の元素の名称は首都モスクワにちなんだ「モスコビウム(Mc)」、118番目は「ロシア科学アカデミー」の会員で研究者のユーリー・オガネシャンにちなんだ「オガネソン(Og)」。

 モスコビウムとオガネソンは、メンデレーエフ周期表の初の「ロシア」名ではない。これ以外にも、メンデレーエフにちなんだメンデレビウム(Md)、サマラ市のサマリウム(Sm)、ドゥブナ市のドブニウム(Db)、ロシアのルテニウム(Ru)(ルテニアとはラテン語でルーシの意)がある。

 4つの新元素のうちの他の2つ、113番目と117番目は、それぞれ日本にちなんだニホニウム(Nh)、アメリカ・テネシー州にちなんだテネシン(Tn)に決まった。

もっと読む:老化を止めて150歳まで生きる>>>

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!