東京で露日ビジネス対話を開催

2016年12月10日 ロシアNOW
 12月16日、プーチン大統領訪日の際に東京で露日経済フォーラムが開催され、その席で、安倍首相が提案した8項目経済協力プランの最初の成果について話し合われる。ロシア側から共同主催者を務める「露日ビジネス委員会」広報部がロシアNOWに伝えた。全体会合には、プーチン大統領と安倍首相も出席する見込み。

 対話は8つの分科会から成り、これは「安倍プラン」の8項目に対応している。フォーラムでは、具体的なプロジェクトも、また協力の全般的方向も話し合われる。

 議題のなかには、以下の分野での協力がある。エネルギー、新技術、中小企業、医療、都市環境整備、人道面での協力拡大、ロシアの産業の多様化および生産性向上、ロシア極東における輸出拠点の建設。

 ロシア側からの参加者としては、ロシア鉄道、電力会社「ロスセチ」、企業グループ「スムマ」、政府系のロシア開発対外経済銀行(VEB)、ロシア版シリコンバレーを目指すスコルコボ基金その他。

 対露関係発展を担当する世耕経済産業相が先月訪露した際に、露日双方が30件の優先的な経済プロジェクトが定められたと発表されたが、その正確なリストは示されていない。

 先に日本のマスコミは、経済協力の総額が1兆円を超える可能性があると報じているが、ロシア連邦極東開発省は、1兆ルーブル(約1兆8000億円)だと伝えている。

もっと読む:極東に日本流のリハビリ施設>>

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!