クリル諸島へのミサイル配備は露日交渉を妨げない

2016年11月24日 ロシア通信
 ロシアによるクリル(千島)諸島へのミサイルシステム配備は露日間の交渉に影響を与えない。日本の菅義偉官房長官が述べた。

 日本政府は「双方受け入れ可能な解決策を作成する」交渉に取り組んでいく構えである、と官房長官。

 一方、ロシア大統領府のドミートリイ・ペスコフ報道官も、ミサイル配備が経済をはじめとする露日両国関係の発展ならびに平和条約交渉に影響を及ぼさないことへの期待を示した。

 火曜、太平洋艦隊の機関紙「バエヴァーヤ・ヴァフタ(哨戒)」は、クリル諸島を構成するクナシル(国後)島に沿岸ミサイルシステム「バル」が、またイトゥルプ(択捉)島に同「バスチオン」が配備された、と報じた。

*ロシア通信の記事1を抄訳

*ロシア通信の記事2を抄訳

もっと読む:サハリンとクリルの軍事的整備>>>

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!