日本と中小企業分野協力覚書

2016年9月3日 タス通信
 ロシアのアレクセイ・ウリュカエフ経済発展相は「東方経済フォーラム(EEF)」の2日目、最近ロシア経済担当相にも任命されたばかりの世耕弘成経済産業相と会談した。

 両者は会談で、中小企業分野の協力プラットフォームを創設する覚書に調印した。

 「まず祝福を申しあげたい。東京での会談の後、経済産業大臣、続いてロシア経済協力担当大臣という2つの重要な任命を受けられた。両国の関係発展に寄与する優れた専門家、プロとして世耕大臣を存じている」とウリュカエフ経済発展相は世耕露経済担当相を祝福した。

 ウリュカエフ経済発展相は、日本とロシアの協力が「誠意と信頼の雰囲気の中で」発展してほしと、期待を表明した。

 安倍晋三首相はウラジオストク訪問前日の9月1日、新しい閣僚ポスト「ロシア経済分野協力担当相」を政府に設け、世耕経済産業相を任命した。

 「ウラジオストクに到着してから半日しかたっていないが、ウリュカエフ大臣と1年以上仕事をしているような気分。両国の首脳が、両国の経済協力に主な方向性を定めた。我々の今後の課題は、協力を具体化し、然るべき内容にすること」と世耕露経済担当相。

 「昨日の首脳会議はとても内容の深い、有意義なものであったため、我々は両国の経済関係強化に向けた大きな一歩を踏んだ」と世耕露経済担当相。

 覚書の調印は、安倍首相がロシア南部のソチを5月に訪問した際、ウラジーミル・プーチン大統領との会談で提示した、「8項からなる関係発展プラン」の段階の一つ。

 

*タス通信の記事を抄訳

もっと読む:「ウラジオを輸出拠点にしたい」>>

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!