プーチン大統領、12月の訪日について安倍首相と協議

2016年8月30日 タス通信
 ウラジーミル・プーチン大統領は9月2日に開かれる東方経済フォーラムに合わせて安倍首相と会談し、今年末に予定されているプーチン大統領の日本訪問の準備を含めた二国間関係について意見を交わす。ユーリー・ウシャコフ大統領補佐官が明らかにした。

 ウシャコフ補佐官は「9月2日の夜に安倍首相との会談が実施される」と述べた上で、まず両国関係の発展に向けた戦略的問題と焦眉の国際問題について少人数での協議が行われた後、大臣や大企業の代表者らをメンバーとする代表団を加えた話し合いが実施されると明らかにした。さらにウシャコフ補佐官は「長期間にわたって延期されてきたプーチン大統領の日本訪問が12月に行われることはすでに明らかとなっており、会談ではこの問題が議題にのぼることになる」とし、「訪日の日程はすでに合意に達しているが、日本側の最終的な合意を得て発表することになるだろう」と述べた。

 またウシャコフ補佐官は今回のプーチン・安倍会談について、「両国の貿易経済問題、政治問題、国際問題をめぐり内容の濃い意見交換がなされるだろう」と強調し、「この協議は12月に予定されているプーチン大統領の訪日に向け、よいウォーミングアップになる」と指摘した。

 

*タス通信の記事の全訳

もっと読む:ペスコフ報道官「露日首脳、9月にウラジオで会談」>>

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!